ATTACHMENT KAZUYUKI KUMAGAI COLLABORATION

An encounter with the top creator, Mr. Kumagai

We create our image what we want to be from an admiration, respect, and future vision.

This admiration means neither a goal nor a dream. It means a role model existence in order to improve us to grow up more.

For KATSUYUKIKODAMA, it was Mr. Kazuyuki Kumagai, the designer of ATTACHMENT, who has been leading in Japanese fashion industry.

He managed various leathers plentifully at that time, had his own idea of rough-hewn leather plus a overlock sewing machine, and created these beautiful small articles made KATSUYUKIKODAMA amazed a lot. From the first glance, it was easy to see that his work had outstanding excellence ccompared to other lather brands.

In June 2016, fashion week in Paris.

These two people met at Showroom NoSeason.

Mr. Kumagai said after taking a look at our brand,

“Why don’t we collaborate?”

A joint development of these two top creators has begun.

To create simple and minimal backpacks. An unknown story of collaboration work, utilizing PACK-1 PACK-4 “KAZUYUKI KUMAGAI + KATSUYUKIKODAMA”

After getting back in Japan, he came to our office.

Speaking of “collaboration”, usually you just change some material or add some decorations. However this time we created from the beginning.

“More simple and minimum”

Mr.Kumagai has a reverse thinking, such as reverse use of zipper to the body and getting rid of any metal parts and any decoration. We focused on creating the backpack with minimum beauty.

We named it “KAZUYUKI KUMAGAI+KATSUYUKIKODAMA”.

His request was combining the dynamic straight lines from PACK-1 and streamline from PACK-4 and these two elements have to coexist as well.

The particular front look from PACK-1 and the simplicity of PACK-4. We took each advantage from these two models by draping finish respecting its own shape.

It is easy to express it with words, but we had to make so much effort to product keeping each characteristic, which is contrary to each other.

Since we were collaborating with Mr. Kumagai who always takes his originality for the material and silhouette, we never compromised with anything. No, we didn’t want to.

After having many conflicts and a continuous process of trial and error, we came up to the final answer.

We decided to line up two versions of our original backpack with “leather” and “nylon”.

DENSITY MANIA×ATTACHMENT KK-080-ATM-C JPY74,520 (tax excluded)

For leather version, we selected tanned cow leather for body. It has enough thickness but at the same time has supple texture.

導かれし二人・トップクリエイター熊谷氏との出会い

 

人は憧れや尊敬から将来のビジョン、成りたい姿を映し出す。

憧れといっても単に目標や夢ではなく、自己の成長を促す上で模範となる存在のことだ。

KATSUYUKIKODAMAにとってその一人が、日本のトップブランドを先導してきたATTACHMENTデザイナー、熊谷和幸氏だった。

当時革製品を豊富に取り扱い、革の切りっぱなしにロックミシンという人並み外れた発想、なにより革小物本体の美しさから、

ハイエンドレザーを手掛けるKATSUYUKIKODAMAには、一目見たその折から他のレザーブランドより秀逸していることが一瞬で理解できた。

時は流れ2016年6月、パリファッションウィーク。

Showroom NoSeasonにて、導かれるように二人は出会った。

商品を見た熊谷氏が、こう話す。

「コラボレーションしよう」

二人のトップクリエイターの共同開発が幕を開けた。

 

シンプルでミニマルなバックパックを・PACK-1とPACK-4の有用「KAZUYUKI  KUMAGAI + KATSUYUKIKODAMA」コラボレーション秘話

 

日本に帰国後の秋、ショールームへ来社。

コラボレーションといえば、素材を変えたり装飾を付加したりの依頼がほとんどの中、今回はゼロベースからのスタートに。

「よりシンプルでミニマムなものを」

熊谷氏らしくこれまでとは寧ろ逆の発想を凝らし、ファスナーは裏使いに、金具も無くし装飾という装飾はすべて取り払う、最小限の美しさで表現するバックパックに方針を固めた。

その名も「KAZUYUKI KUMAGAI+KATSUYUKIKODAMA」。

リクエストはPACK-1のダイナミックな直線美とPACK-4が持つ滑らかな流線美の共存、それらを融合した新型。

PACK-1の特徴的なフロントシルエットと、PACK-4のシンプルさ、フォルムを尊重した立体裁断を踏襲し、双方の利点を生かした創出。

言葉で表現すれば簡単なことだが、相反する二つの特徴を活かしながら製作するには、かなりの苦労と労力が強いられた。

服にとっても精美なシルエットとオリジナルの素材で卓越する熊谷氏とだからこそ、妥協は一切しない。したくなかった。

葛藤に葛藤を重ね試行錯誤を繰り返し、ようやくその答えに辿り着く。

完成したバックパックは「レザー」「ナイロン」二つの素材を使用した2ヴァージョンでの展開となった。

繧「繧ソ繝・メ繝。繝ウ繝育判蜒十IMG_7936

DENSITY MANIA×ATTACHMENT KK-080-ATM-C ¥74,520(税込)

レザータイプはボディにオイルなめしの牛革を採用。しっかりと厚みがありながら、程よくしなやかな風合いが決め手だ。

繧「繧ソ繝・メ繝。繝ウ繝育判蜒十IMG_7975

DENSITY MANIA×ATTACHMENT KK-080-ATM-NY ¥52,920(税込)

ナイロンタイプはボディに織が細かく打込みが強いナイロン100%を採用。ラグジュアリーさを保ちながら、よりリラックスして着装できる肌馴染みに仕上がった。

繧「繧ソ繝・メ繝。繝ウ繝育判蜒十IMG_7948

すべての装飾をそぎ落とし、シンプルでありながら力強い佇まいが顕在する。

二人のデザイナーの思いを込め、背面に施された互いの頭文字KとKを合わせたスターの刺繍は、持ち主に自信を授けモードな感性を刺激することになるのであろう。

繧「繧ソ繝・メ繝。繝ウ繝育判蜒十IMG_7952

KAZUYUKI KUMAGAIのデザインとシルエットへのこだわり、KATSUYUKIKODAMAの絶対的な技術への安心感、この二つが交差することで息をのむような化学反応を起こす。

両者の稀有なデザインへの美的感覚から引き起こす美しいフォルム、背負えば誰もが手放したくなくなるKATSUYUKI KODAMAの疲れない機能面、実用性の体現こそが、このコラボレーション一番の見どころ。

2017年1月、パリで双方の展示会に出品。

4月よりGINZA SIXにて先行販売したのち、両各ショップにおいて現在販売中。

「W KK」二人のデザイナーが創り出すデザインの最高峰。

世界中ここでしか存在し得ないデザインの共鳴は第二弾も考案中。

乞うご期待。

繧「繧ソ繝・メ繝。繝ウ繝育判蜒