KATSUYUKIKODAMA HISTORY

Reasons why KATSUYUKIKODAMA is launched and started in Paris

The brand is started from Paris.
KATSUYUKIKODAMA makes the Paris as the source of its creation without thought of its success and networks built up in Japan. It has a motive.

The designer, Mr. Katsuyuki Kodama, who has experienced a merchandiser and a designer of one of male’s brands developed an independent brand.
Despite his brilliant history, he has had no formal training in fashion.
Mr. Kodama was enthusiasm for Fashion from a young age, and wrote his hope for the future to go to an art school in Paris in graduation writings.
Like a boy who plays a baseball yearns to play in the major league, he always had the passion for Paris, the Fashion capital, since he was a child.
He started to think about launching his own brand from his first visit to Paris for his previous job.
The cityscape in Paris rekindled a full of his passion he had in the young age.
He felt strongly, “What I have to do is to develop the brand that makes Paris the source of the creation.”
He went back to Japan and started to prepare for launching his own brand with his strong feeling that is something like a sense of responsibility.

Glory and Failure, The moment when KATSUYUKIKODAMA achieved success in overseas

In January, 2012, KATSUYUKIKODAMA saw the light of day at the first time.
It did a debut with an Autumn and Winter season in Tranoï, a joint show.
There are some hurdles to join the show, especially if it is one of the biggest joint shows in the world.
“A Japanese designer does a debut with one of famous joint shows in Paris.”
Does anyone imagine himself being brilliant by hearing to this?
There is, however, the sobering reality. At the first season, KATSUYUKIKODAMA had only two shops.
Although Mr. Kodama is a proven creator, this is only known in Japan.
Mr. Kodama himself was barely known in Paris at that time, and there was a gap between the trends in Tokyo and Paris.
Please imagine leather of Julius or backlash.
Bags processed wash effect and/or crease effect were main products of KATSUYUKIKODAMA at that time.
Products go along with the trend are not suitable for Paris.
A famous chief executive known from the previous job had bitterly criticized KATSUYUKIKODAMA collections at the time.
Mr. Kodama felt a sense of being overwhelmed with only his first season.
As one misfortune followed another, an order for second season dropped to zero.
His passion for Paris had never weaken by this situation.

Mr. Kodama has a business in an original equipment manufacturer besides KATSUYUKIKODAMA.
Although many people around one said he should focus entirely on the original equipment manufacturer, he did not care.
There is no meaning if he does not be in success in creation.
This enables him to flower into his true passion, not too much to say obsession.
He felt a good response in his fourth season.
People around him might thought he was such a designer who does not know how to give up.
He gained a good response from his business trip to Italy.
People involved who visit a contract on-site showroom wear more street style clothes.
A style that is called luxury street dominates the current trend of the fashion market. Off-White, MARCELO BURLON, VETEMENTS, etc.
The glimpse of the current trend was given then.
He had a third eye, “No mode, no outdoors or even no trad. I want new street style bags.”
KATSUYUKIKODAMA then focuses on backpacks.
It shifted from mode images people had until then to street.
The backpacks created in accordance with the street images are not good enough.
Beauty is essential in fashion in Paris require beauty, and a technique is necessary to extract the beauty.
All the techniques of patterns, silhouettes and sewing are necessary.
KATSUYUKIKODAMA that holds own factory has already had the techniques to make the vision a reality.
The dots are connected to a line.
KATSUYUKIKODAMA then completes PACK-1 which becomes an icon item through a trial and error process.

People involved in KATSUYUKIKODAMA never imagined that the PACK-1 receive a great response than expected.
KATSUYUKIKODAMA has a fifth season with its new product.
It contracted for showroom with “MARCONA3” in Milano, and unexpected outcome is gained at the show.
KATSUYUKIKODAMA received orders from traditional famous multi-brand stores and departments in Europe (with not all of the brands actually reach the deal though). The sales increased to three times compare to the previous financial year.
KATSUYUKIKODAMA broke away from the old model based on a full commitment to mode style.
Mr. Kodama catches the new European trend, and KATSUYUKIKODAMA having a casual sense as a weapon gained the first success in Paris.
Now, KATSUYUKIKODAMA moved the site to represent the products to a showroom “NOSEASON” in Paris. The creation grabs the spotlight in Japan and overseas. The sales are expanded to the famous multi-brand stores and departments, and KATSUYUKIKODAMA keeps having a light.

Production Background, Proof of its authenticity

Products of KATSUYUKIKODAMA are produced in own factory.
97% of Japanese fashion market produce the products in overseas factories. Compared to this, it is rare that KATSUYUKIKODAMA has own factory in Japan.
There is a reason to have the own factory in Japan.
The products of KATSUYUKIKODAMA require an extremely complicated sewing technique.
Judging from the nature of the products, it is impossible to produce them in the other company’s factory.
In general, the technique in the sewing factory is unified at some level for each factory.
It is virtually impossible to produce the KATSUYUKIKODAMA products those require multiple sewing techniques in the other company’s factory.
Even if it is possible, the production involves a significant cost and productization is very difficult.
The overwhelming difference from other brands is that a single product is produced with a combination of multiple sewing techniques. This was never realizable if there was no own factory.
In other words, its own factory enables the differentiation from other brands.
Moreover, what is common to all the brands that value the craftspersonship is “cultivation of craftsperson.”
Notorious brands including Chanel, Louis Vuitton, Gucci and Bottega Veneta are absorbed in cultivation of craftsperson.
More specifically, a supply chain management is essential in brand business.
KATSUYUKIKODAMA has met the condition of the authentic brand here too.
Since pret-a-porter was born, there were license business law in Dior, price reduction of clothing items and the rise of fast fashion.

Even the fashion industry has entered in high-volume production and consumption period, KATSUYUKIKODAMA focuses on the craftspersonship as a counter.
There is the production background of “own factory” and “cultivation of craftsperson.”
The need of the times is such authentic brand.
It may not be the distant future that KATSUYUKIKODAMA leads the Japanese brands and acknowledged as one of the authentic brands.

ブランド設立・そしてパリからスタートしなければならなかった理由

そのブランドはパリから始まった。
国内での実績、人脈などは一切顧みず異国の地でクリエイションを発信する。
それには理由があった。
デザイナーである兒玉勝之氏はメンズブランドののMD・デザイナーを経て独立。
その華やかな経歴とはウラハラにファッション教育を受けた経験は無い。
しかし幼少期からファッションへの情熱をたぎらせていた氏は、小学生時代の文集にまで将来パリの美術学校への進学希望の旨を記している。
まるで野球少年がメジャーリーグに憧れるかのように、氏はファッションの都パリへの情熱を忘れた事は無かった。
氏がブランド設立を考え始めたのは前職にて海外出張で渡仏した際。
パリの街並みに触れた瞬間に、あの幼い頃の情熱が溢れるほどに蘇った。
「やはり自分がやるべき事はこのパリで自身のクリエイションを発信する事。」
使命感にも似たその思いのまま、日本へ戻った氏は独立の準備を開始した。

栄光と挫折・KATSUYUKIKODAMAが海外で成功を収めた瞬間

KATSUYUKIKODAMAが初めて日の目を見たのは2012年1月。
パリの合同展「TRANOI」の秋冬シーズンがデビューだった。
この世界で1、2を争う巨大合同展には出店するだけでもいくつかのハードルがある。
「日本人デザイナーが単身パリにて有名合同展でデビュー。」
このような状況を聞いて華々しい姿を想像するだろうか?
しかし現実はそんなに甘くはない。初シーズンでの販売実績はわずか2店舗。
クリエイターとして実績があるといってもそれは日本での事。
兒玉氏本人を知る人間などパリには当時ほとんどいない上に、東京のトレンドとパリのトレンドにも乖離がある。
ユリウスやバックラッシュのレザーを想像してほしい。
あの洗いやしわ加工が施されたバッグ。それが当時のKATSUYUKIKODAMAの姿だった。
トレンドに迎合した物はパリでは通用しない。
前職からの知り合いである有名ショールームの社長からも当時のコレクションは酷評された。
1シーズン目にして打ちのめされた瞬間だった。
そして追い討ちをかけるかのように、2シーズン目には受注が0にまで落ち込む事になる。
しかし、そんな事でパリへの情熱は冷める事は無かった。

氏はKATSUYUKIKODAMA以外にOEM業を営んでいた。
周囲の目からはそちらに専念すればいいのではという声も少なくなかった。しかしそんな事は関係無かった。
クリエイションで成功しなければ意味が無い。
そして執念と言ってもいいくらいの情熱が初めて花開く事になる。
初めての手応えを感じた時には既に4シーズン目に突入していた。
周りから見れば何て諦めの悪いデザイナーだと思われていた事だろう。
きっかけになったのはイタリア出張時。
当時契約していた現地ショールームに出入りする関係者のスタイルがストリートよりになっていた事だった。
ファッション市場のトレンドは現在ラグジュアリーストリートと呼ばれるスタイルに席巻されている。Off-White(オフホワイト)、MARCELO BURLON(マルセルブロン)、VETEMENTS(ヴェトモン)etc…。
その片鱗が既にこの時垣間見られていた。
「モードでもアウトドアでもなく、トラッドでもない。新しいストリートスタイルのバッグが欲しい!」そういう直感が瞬時に働いた。
そこからKATSUYUKIKODAMAはバックパックに注力する事になる。
今までのモードなイメージからストリートへのシフト。
しかしただストリートに寄せるだけでは無い。
美しさがなければパリでは通用しない。美しさを引き出すには技術が必要だ。
パターンとシルエットと縫製。その全ての技術が必要となる。
自社工場を持つKATSUYUKIKODAMAにはそれらを実現する技術が既にあった。
点と点が線になった瞬間だった。
そこから試行錯誤を重ね、アイコンアイテムであるPACK-1が出来上がる事になる。

このPACK-1が予想を超えた反響を生む事になるとはまだ当の本人達すら気づいていなかった。
新作を引っさげて参加した5シーズン目。
ミラノの「マルコナ3」とのショールーム契約もスタートし、臨んだ展示会で思わぬ結果に見舞われる。
ヨーロッパの老舗有名セレクトショップや百貨店からの相次ぐ注文。(実際に取引に至ったブランドは限られるが)セールスも前年度に比較して3倍にまで膨れ上がった。
モード一辺倒からの脱却。
KATSYUKIKODAMAがカジュアルさという武器を持ち、ヨーロピアンニュートレンドを掴んだ、氏が初めてパリで成功を収めた瞬間だった。
そして現在は発表の場をパリのショールーム「NOSEASON」に移し、そのクリエイションは国内外を問わず脚光を浴び、有名セレクトショップ及び、百貨店にてセールスを拡大し、更なる輝きを放ち続ける。

生産背景・真のブランドの証明

KATSUYUKIKODAMAは自社工場で生産されている。
日本のファッション市場において全体の97%が海外生産であるのに対して、ブランドとして国内で自社工場を保有しているのは稀有な例だ。
自社工場を持つことには理由がある。
KATSUYUKIKODAMAの縫製は極めて複雑な縫製技術を駆使し生産されている。
その製品の特性上から、他社の工場では生産する事がそもそも不可能だ。
一般的に縫製工場の技術は工場ごとにある程度統一されている。
ならば複数の縫製技術が必要なKATSUYUKIKODAMAの製品を生産する事は事実上不可能。
できたとしても多大なコストがかかり、製品化は困難を極める。
この複数の縫製技術が一つの製品に混在するという、他ブランドとの圧倒的な差別化要素は自社工場が無ければ実現し得なかった。
逆説的に言うと、自社工場が他ブランドとの差別化を可能にしたと言い換えてもいい。
そしてクラフトマンシップを重視するブランドに共通するもの。それは「職人の育成」
シャネル、ルイヴィトン、グッチ、ボッテガヴェネタなど、名だたるラグジュアリーブランドは職人の育成にも余念がない。
つまりサプライチェーンマネジメントもブランドビジネスにおいて必須項目なのだ。
KATSUYUKIKODAMAは真のブランドの要素をここでも満たしている。
プレタポルテが生まれて以降、ディオールのライセンス商法、衣料品の低価格化、ファストファッションの台頭。

ファッション業界は大量生産・大量消費時代に突き進んでいっている中、カウンターとしてのクラフトマンシップ。
名ばかりでなく、「自社工場」「職人の育成」という生産背景。
今、時代が求めているのはそんな真のブランドだ。
KATSUYUKIKODAMAが日本のブランドの在り方をリードする存在となり、真のブランドとして認知される。それはそう遠くない未来なのかもしれない。