【超軽いKATSUYUKIKODAMA】はいかが?

UPDATE : 08/05/2019/STYLIST

kuyscbai従来のKATSUYUKIKODAMAとは一線をを画する超軽量シリーズ「CREATION JOURNEY」。

先行発売では会期中に即完売!即追加生産とファンのみならず多くのお客様の注目の的となったCREATION JOURNEYシリーズ。

本日は梅雨があけバケーションシーズンを控えた、まさしく今欲しいアイテムを紹介していきます。

全く新しくなったKATSUYUKIKODAMA。

オールレザーのバックパック、PACK-1をリリースしてからストリートシーンでは劇的な変化がめまぐるしく起こった。タイト&モードで黒を主軸としたラグジュアリーの時代はメインストリームから外れてストリートスタイルがファッション業界に新たな息を吹き込んだ。深くかぶったハットやグランジーな雰囲気のロングヘアは浅めにかぶったキャップに個性的なツイストパーマや短く刈り込まれた2ブロックヘアに。ボディコンシャスなタイトなアイテム群はVETEMENTSの登場によりXXXLサイズまで大きくなりビッグシルエットが世界中に広がった。ワイドになったボトムスに合わせるのはメゾンブランドのブーツからボリューミーなダッドスニーカーへと激変した。日用品はどうだろう?もはやMDプレイヤーなど音楽を聞くためのデバイスはマイナーなアイテムとなり、現金を持ち歩かない【キャッシュレス派】まで登場し、もうスマートフォン一台あれば全てが揃う時代が目の前に来た。これによって身の回り品は極端に小さくなりバッグのトレンドはコンパクト化の時代へ突入。この一連の流れをファッション業界のパラダイムシフトへの対応としてブランドらしさ、機能性、プライスの3つのバランス分解、再構築し練り上げたのがCREATION JORNEYなのだ。

svdva

得意のレザーを一切使用せず軽量で撥水性にも優れた高密度ナイロンを主軸とした当シリーズは今までのKATSUYUKIKODAMAとは一線を画す超リラックスなアイテム群であり、旅に持ち出したくなるようなコンセプトアイテムだ。

印象的なプリントにはタイプライター風の文字で「2019-20>>> “with your CREATION JOURNEY”」=「あなたの創造の旅と共に」という当シリーズのコンセプトをプリントしアクセントにしています。ファスナーにはNo.10のコイルファスナーを持ってきてブランドらしさは保ちつつ、パーツはプラスティックパーツで統一し徹底的に軽さにこだわった。芯材も可能な限り抜いてよりライトに。試行錯誤を繰り返してたどり着いた絶妙なパターンワークを採用しているので付属のチュールポーチに折りたたんで収納できるサイズまで小さくできるようになったのもポイント。

どうしてもストリートやモード、ラグジュアリーを掲げるブランドはリゾートやバカンスといったシーンに弱い。そもそも海や山、大人もワクワクするような冒険に持っていけるようにはデザインされていないから当たり前だ。だけどファッション業界のパラダイムシフトとはアイテムにおける方向性の事のみを示しているのではない。今のユーザーが求めているもの、それは「経験」だ。

簡単に言えば高級なバッグ一点買うよりも、旅行に出かけて非日常を買う時代の到来。だから僕たちはその旅行に持って行きたくなるアイテムを作った。真意でのパラダイムシフトへの対応を成すべく僕たちのCREATION JOURNEYはまだまだ始まったばかり。

アイテム紹介は次回へ続く。