Hello Shinsaibashi Osaka!!! 最終回

UPDATE : 10/11/2019/DESIGNER

KK.1

 

さて、今月20日、関西エリア初の直営店となるKATSUYUKIKODAMA PARADIDDLE 大丸心斎橋店がオープンした。大阪は僕にとって様々な気持ちが交錯する特別な場所。そこで、久々に”KK的「私の地図」”シリーズを発信する最終回!僕にとっての「大阪」を語らせていただきます。

Spot 03. 僕にとっての大阪〜大人になって:大学を卒業して就職した会社は大阪本社だったんだけど、僕が採用・配属されたのは東京本部。転勤や出張もほぼないみたいだったから、学生時代ほど大阪へは行けないだろうなと諦めていた。その会社で2年間働いた後、僕は学生時代にアルバイトをしていたレディスBAGの会社に転職した。その会社は東京・表参道が本社だったので、もう大阪とは縁もなくなったかな〜と思いながらの入社だった。その会社での職種は営業で、入社初日に担当エリアを言い渡されたんだけど、それが何と大阪・奈良・和歌山だった!!まじっつ!?こんなことってあるのか!?同日に入社したもう一人の同僚の担当は都内各所だったので、これはもう僕と大阪の積年に渡る深い縁からくる奇跡だってまじで思った。これからは毎月毎月大阪に出張に行けるようになるんだと思うと嬉しくてたまらなかった。その後、数年に渡って僕は毎月必ず大阪へ出張した。はじめの頃は大阪の叔母さんの家に泊まった。天王寺の少し南の北田辺に叔母さんの家があったので、交通の便もよくてそこを拠点に大阪・奈良・和歌山にセールスに出かけた。数年後は兵庫や京都も担当になって関西一円を営業として隈なく回ったおかげで、関西各県の主要所には本当に明るくなった。当時大阪・梅田や心斎橋、神戸・三ノ宮に僕の所属したブランドをものすごい取り扱ってくれる専門店があって、そのお店の方々に商売について様々なことを教えられた。奈良や加古川にもモンスター店舗があって、そこのスタッフたちとも楽しい時間を過ごさせてもらった。もう20年以上まえの話だ。みんな元気かな?その会社でメンズに配属になったのが1999年。それから数年後、大丸心斎橋店の旧本館1Fでイベントの話があって大舞台に挑むことにした。当時心斎橋エリアは梅田エリアに押されて商店街を歩く人はインバウンドもまだなくて全然多くなかったんだけど、大丸心斎橋店の1Fという立地でのイベントは初めてだったので、一気にメジャーへ駆け上がるような気持ちだった。僕の携わっていたブランドは東京では少しづつ認知され始めていたんだけど、大阪ではルーキー以下で知名度はほぼゼロ。今考えたらそんなブランドを1Fのメインステージでイベント誘致した大丸心斎橋店ってすごいなって思うけど、奇襲的なそのイベントは初日から信じられないほどの結果を出すことができた。そのイベントで僕たちは心斎橋エリアにいるカスタマーは他とは全く違ってて良い意味で特異なことを初めて知った。とにかく物が好きで良いと思ったら老若男女・知名度有る無しに関わらず迷わず買う!しかも高いものから売れていく。大阪心斎橋…、このエリアはやばい。僕は商売の街大阪人に脈々と流れているDNAとその貪欲さに圧倒された。その時にいつかはこの心斎橋に自分のお店を出したいなと思うようになったんだ。それから十数年後の今年、多くのみなさまのおかげで僕たちは自分たちのブランドKATSUYUKIKODAMAでその大丸心斎橋店に直営店を出店した。僕にとっての大阪は小さなころから様々なことを教えられた街。プライベートでも仕事でも大阪を幾度となく訪れ、いま活動している東京や、大好きなパリ、ミラノ、NYC、LAに匹敵するくらい僕にとって重要な街だ。大阪に直営店を出店できたことで、恩返しの意味も含めこれからいろいろな催しをいま考えていてワクワクしている。

さて、3回に渡って僕にとっての「大阪」を語らせていただいた。大阪のことを書きながら訪れるたび必ず立ち寄る阪急三番街の「インディアンカレー」の味が恋しくなった。今週末は東京駅の地下に東京で唯一ある「インディアンカレー」を食べに行ってルー&ピクルス大盛りを注文することにしよう。

〜おわり